MIME-Version: 1.0 Content-Type: multipart/related; boundary="----=_NextPart_01C56699.BA1ADFC0" このドキュメントは単一ファイル Web ページ (Web アーカイブ ファイル) です。お使いのブラウザ、またはエディタは Web アーカイブ ファイルをサポートしていません。Microsoft Internet Explorer など、Web アーカイブをサポートするブラウザをダウンロードしてください。 ------=_NextPart_01C56699.BA1ADFC0 Content-Location: file:///C:/321A8C76/file0694.htm Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/html; charset="us-ascii" 建築物の種類とモ = 487;ル化

建物のモ = 487;ル化

 

      = 建築物 ӌ= 8;構造体(躯体)・・&= #65381;・・・・・屋根・= 202;・梁・柱・壁・筋違= ;・基礎

     = 288;   外装仕上げ材= ;  ・・・・・・・・&#= 22806;壁・窓・出入り口}= 39;庇        =  

     = 288;   内装仕上げ材= ;  ・・・・・・・・&#= 20869;壁・間仕切壁・ド|= 50;

          =                 &#= 35373;備機器・配管・配ł= 18; ・・・・衛生設備&#= 12539;照明

     = 288;   外構  ・・・・・・・・&#= 65381;・・・門扉・塀・ß= 03;留め壁・犬走り・下= 水道

 

      = 構造体のモデル化

線੔= 8;置換 梁・柱・= 563;違)

            重心(中立軸)を&#= 36890;る線材の力学を適ī= 92;

     = 288;断面の諸性質は材料= ;力学で講義済み。全&#= 12390;構造設計には必要{= 94;ものである。

     = 288;  断面積A・・・= ;・・・・・・・・・&#= 65381;軸力(圧縮、引張Ó= 47;)、および自重

     = 288;  断面1次モーメ= ;ントS・・・・・・&#= 65381;中立軸に対してはS=0

     = 288;  断面2次モーメ= ;ントI・・・・・・&#= 65381;曲げ剛性

     = 288;  断面係数Z・・= ;・・・・・・・・・&#= 65381;曲げ強度

     = 288;  断面極2次モー= ;メントIp・・・・A= 381;捩れ剛性

     = 288;  断面2次半径= i ・・・・A= 381;・・・・・座屈(細= ;長さ比)に関係する

 

     = 288;断面剛性=変形量= の計算に必要

     = 288;  軸力剛性  = EA

     = 288;  せん断剛性 = GA

     = 288;  曲げ剛性  = EI

     = 288; 剛度 KI<= /span>L

     = 288; 剛比 剛度の比=

 

    &= #38754;材置換 床・壁・シェル)

        =        中立面を通る面の&#= 21147;学の適用

     = 288;解析は面倒である(= ;学部授業では講義さ&#= 12428;ない)

        =       壁も等価なせん断&#= 21083;性を有するトラス{= 95;置換される場合が多= い。

 

------=_NextPart_01C56699.BA1ADFC0 Content-Location: file:///C:/321A8C76/file0694.files/header.htm Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/html; charset="us-ascii"





 

 

------=_NextPart_01C56699.BA1ADFC0 Content-Location: file:///C:/321A8C76/file0694.files/filelist.xml Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/xml; charset="utf-8" ------=_NextPart_01C56699.BA1ADFC0--