MIME-Version: 1.0 Content-Location: file:///C:/98874635/file2165.htm Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/html; charset="us-ascii" 1 構成と構法

1 構成 = 392;構法

 建築のA= 300;段階、 「素材を選び 」「それを加工し&#= 12301;「組合 せ」「固ê= 50;する」

最初の2段階=建&#= 31689;材料に関するもの

最後の2段階=建&#= 31689;の構成に関するも{= 98;

 建築材= 009;の素材=大量、安価= ;、力学的性質やその&#= 20182;の物理的性質の安ê= 50;したもの

素材を建築材料=&#= 12300;材料」・「部材」}= 39;「部品」(加工の程= 度)

 

2.構成= 041;式の特徴

(1)組 = 416;構法:木構造、鉄骨= ;造に代表される構法&#= 12290;

 柱・梁 = 539;桁・筋違・方杖等で= ;構成した壁体の骨組&#= 12415;を軸組という= 。軸組は、直線的な= 7096;材を組み上げるたә= 7;、通常、各部材の接&= #21512;部は力学的にはピン接合と= なる。

 したが = 387;て構面を安定させる= ;ため、筋違・壁等= を用いるか、接合部= 2395;変形を起こさないӚ= 4;うにするため、方杖を入れ= る・溶接して固= 定する等の処理が必= 5201;となる。

 また、$= 600;組構法では、部材を= ;3角形に組み上げ、小屋組と呼= ばれる3角形の屋根= 2434;構成する例が多いӍ= 0;

(2)積 = 416;構法

 石材・ = 524;ンガ・コンクリ-ト= ;ブロック等を積み重&#= 12397;ることによって壁Ë= 07;を構成する構法で組積造とい= われる。各材料の間= 2395;はモルタルが= 接着剤として用いら= 2428;、目地を構成= する。

 組積造 = 398;壁は、鉛直方向の力= ;に対しては強い構造で= あるが、水平方向の= 1147;に対しては脆く、୲= 5;に、構面外からの力&= #12395;対しては非常に弱い

 したが = 387;て、組積造の壁の頂= ;部には臥梁を設け= るか、剛な水平床で= 5509;合し、面外のはらみ出し= を防ぐ必要がある。= ;なお、木材を使用し&#= 12383;組積造は校倉造りと= 呼ばれる。

(3)固 = 417;る構法:コンクリ-= ;ト系構造物の代表的&#= 27083;法

 型枠の= 013;に、鉄筋または鉄骨= ;の芯を入れ、コンク&#= 12522;-トを流し込んでÞ= 66;める構法を、

&#= 19968;体式といい、部材の接&#= 21512;部は力学的に剛接合とな= る。

ラ-メン・折版・&#= 12489;-ム・シェル等は{= 77;べて一体式である。= また、柱を用いず、= 2721;と床を立体的に一߮= 7;化する構造は、壁式構造と= 言われる。

(4)張 = 427;構法

 薄い膜 = 434;張って空間を構成す= ;る構法を膜構造とい= い、軽量であるため= 2289;大スパンの= 建築物に適する。線= 6448;で枠を組み、枠に೶= 0;を張ることで空間を&= #12362;おうものをテント構造= という。

 空気圧 = 391;膜を膨らませ、空間= ;を覆うものを空気膜構造= と言うが、空気膜構= 6896;には、空間の気圧ӛ= 4;上げ膜を膨らませる1重膜と、= 膜と膜の間の空気圧= 2434;上げ膜自体を独立ӕ= 5;て膨らませる二重膜があ= る。 

(5)吊 = 427;構法

 主体構$= 896;材にケ-ブルまたは= ;ケ-ブルネットを使&#= 29992;し空間を構成する|= 18;のをケ-ブルサ = 473;ペンション構造と= 2356;う。ケ-ブルには引張力のみ= が作用するため、ケ= 5293;ブルを支える境界ઔ= 3;造部には、大きな圧縮力が作= 用することに注意を= 5201;する。

床や梁を上部の十&#= 20998;剛な梁から吊り棒{= 91;吊り上げて支持する= 、吊り床構造= もある。